位置

Guide to Basilico

PART1

along Waltva River

ワルタヴァ河畔にて

ルコラ号から橋と川岸の建物を眺める

25

二人は風が吹き抜ける甲板に出た。貨物室の覆いの上に腰をおろせば前方に新市街区の比較的最近できた背の高い商業施設が並ぶ。
「わたしの住まいは西区の、この近所なんです」
「そうでしたか。では、この辺りも」
「散歩で。この船も見覚えがありましたが、まさか」
「人が住んでいるとは」
「はぁ。思っていませんでした」
カンパリは、ふと、ルコラ号がこの係留所を選んだ理由が気になった。
「この係留所は、ルコラ号だけみたいですが」
「ええ。観光船とかはシュトラウス橋の向こうに」
メナムもひとりであるが、ルコラ号もひとりのようである。
「思えば、ずっと、この係留所です」
「この辺りが気に入っているとか」
「上流側のいちばん近い係留所ってことでしょうか」
「え?」
「いえ、やはり、なんとなく馴染んでいる・・・」
「居心地がよい?」
「目の前の街の風景にしても、以前とはすっかり違うのですが」
カンパリも新市街区の変わり様は知っている。それをずっと川面から眺めていた菜人がいたのは今日知ったのであるが。

椅子