位置

Guide to Basilico

PART1

along Waltva River

ワルタヴァ河畔にて

イスマエル

39

店の中に入ってイスマエルはすぐにカップとその中身に気づいたようである。カンパリは、いわれる前に彼のためにもう一杯の鉱石茶を用意しながらいった。
「ちょうどワルタヴァ川遊覧の話をしていたんだが、君はどう?無理そう?」
イスマエルには昨日Theatre198でバンド練習をした際に話してあったのである。
「うん。ちょっとね」
彼ははっきりとはいわないが、友人であるカンパリとドノバンは、その意味を理解した。イスマエルには3日後に「仕事」があるかもしれないことが「わかっている」のである。菜人の葬儀屋は死者の言葉がわかるが、死の時もわかる。ただし、それは当の本人が死に至る時を自覚或いは無意識のうちに心の中に思い描いたとしての話だが。イスマエルの場合、1、2日のずれはあるがその時を予感できる。先代イスマエルは12時間程度のずれで「それ」がわかったという。
いま、イスマエルは、当然のことながらその人物の名を口にはしないが、その時が近づいているのがわかっているのである。

椅子